excitemusic

ネット上の偶然の出会い。何かのご縁の方々と楽しく交流できればと思います。日常の様々な出来事や話題を書きます。どうかよろしくお願いします。
by ma-glon
ICELANDia
カテゴリ
全体
政治・経済
融資・補助金 等
メンタルヘルス・研修
サイエンス
音楽

花言葉
ファッション
お勧めの店
世間話
どうぶつ♡
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク集
その他ブログ
神奈川県議会議員 藤代優也活動日記
週間サトウ 佐藤光一blog!
さむらいコピーライティング道
人事労務屋のつぶやき
日々改善(山根税理士)
久野康成公認会計士事務所/株式会社東京コンサルティングファーム(TCF)の 【起業家応援ブログ】
奥見ひとみのSimpi Life~女王宣言~
Stray Sheep
六本木で働いていた元社長のアメブロ
Internet Zone::WordPressでBlog生活
社労士なぎさの、年金&社会保険ファイル
バヌアツに行った社労士フレンチフリゲートの奮闘
eラーニング会社、創業への道
Day-0
ぷらぷらしてみた
EMBAIXADA☆フリースタイルフットボール動画館☆
本心の想うままに - 松島直也
北陸初の学生のために生きる26歳社長のブログ
誰かが空から見ているよ
カワラナイキモチ
てふが舞う
不景気.com-不況を乗り切る不景気ニュースブログ!
ガチャピン日記
セレブはブログをするものだ~セレぶり3公式ブログ

篠田麻里子 Diary
鈴木美景 (すずきみひろ) 「Mihiro Story」


お気に入りHP集 

交流会
湘南士業の会

法務・経営・コンサルタント
大船法律事務所 公式HP
小川晶子 株式会社さむらいコピーライティング 南青山ブランディングサロン
税理士法人・泉が丘会計センター
(株)田代コンサルティング (社会保険労務士)
労務管理事務所 新労社
有限会社アイシス
日本NLP学院 
株式会社JMA・アソシエイツ
コーチングオフィス 幸せ経済研究所
現役人事が教える 【就活に勝つ200のコツ!
探偵社TSJ(Trouble Shooting Japan
畑彩土学びの地図
労働法とは?知って得する労働法
人事評価のQ&A
雇用関係各種助成金制度
(財)神奈川中小企業センター
(社)神奈川労務安全衛生協会
神奈川県中小企業団体中央会
神奈川県中小企業家同友会

お勧めの漫画 
バーテンダー
奇跡のヒト
インタビュー 三田紀房さん~エンゼルバンク、銀のアンカー、マネーの拳同時出版

自己啓発
ドラゴン桜の三田氏とライブドア堀江氏が語る「勉強とビジネスの秘訣」

絵画 
クニエ会HP

音楽
GYPSYVAGABONZ 公式HP
Original Love 公式HP
m-flo 公式HP
奥村愛子 公式HP

ファツション・ブランド
シャネルの歴史とシャネルというブランド

お勧めのお店
相模原:CAFE ROMA & PROMENADE
大和:La stanza
横浜:バー&レストラン・コンズコーナー
東京都:メビウス
東京都:沖縄料理と古酒 やんばる
東京都:女性バーテンダーのお店~Vermeille
ライフログ
最新のトラックバック
スカーレットヨハンソン 流失
from スカーレットヨハンソン 流失..
過去にあった武井咲のヤン..
from たけいえみ 武井咲 ヤンキー..
池袋ファンタジークラブ・..
from 池袋ボンバー
歌舞伎町ファンタジーパブ..
from ポイントエックス
9/27(月),28(火..
from 池袋ボンバー
FX口座開設比較
from FX口座開設比較
テレビ「エンジェルバンク」
from ザ日記
医療保険あれこれ
from 医療保険あれこれ
お年玉、指名料無料
from 歌舞伎町ポイントエックス
歌舞伎町ファンタジーパブ..
from 歌舞伎町ポイントエックス
西暦1637年 - チュ..
from ぱふぅ家のホームページ
日本式人事・労務管理の栄..
from ロドリゲスインテリーン
姿勢によって男の印象が変..
from The ポルタルサイト(ポー..
ガイアの夜明け「新型イン..
from ガイアの夜明け「新型インフル..
埼玉県の医療事務求人
from 転職求人
ボンバー感謝DAY、指名..
from 池袋ボンバー
就職サイト利用のメリット  
from 仕事就職研究室2
アルバイト探しの求人募集転職
from アルバイト探しの求人募集転職
就職試験の面接対策を練っ..
from 就職試験の面接対策を練ってみよう
パートタイマー求人募集転職
from パートタイマー求人募集転職
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


18世紀の 「世界七帝国」 とは?

18世紀の世界では、日本は「世界7帝国の一つ」として認識されていた!

毎週日曜の夜に、NHKで韓国のドラマ「イ・サン」が放送されている。いささかドラマ用に脚本化されている面があるが、楽しませてもらっている。もし興味があればご覧になってみてください。
要するに18世紀の李氏朝鮮の派閥・皇族のお家争い~の話だ。
さて18世紀当時の世界情勢はどうであったか?ついでに考察してみた。
東洋では清国・李氏朝鮮は中華思想小中華思想をもとに自分たちこそが世界の中心であり文明国であると思っていた。周辺国は「化外の民」。日本の話は後にしておこう。
しかし西洋では、産業革命が興り蒸気機関が発明。工場の機械化。イギリスでは18世紀の中頃、ウォルポール内閣のとき議院内閣制が成立した「国王は君臨すれども統治せず」
18世紀後半にはインドにてイギリスはフランス勢力を駆逐してインドの植民地化を進めていた。
また18世紀は、アメリカ独立戦争フランス革命など国際社会が近代化していく過程の重要な転換期であったといえよう。
帝国主義における欧米列強の植民地争奪戦が始まりつつあった時代であった。
そんな中にも関わらず清国・李氏朝鮮は、遥かに文明先進国である西洋人を禽獣(きんじゅう・鳥や獣の類)として見ていたのである。

さて日本はどうであったか。18世紀当時、江戸は世界一の規模の都市であった。識字率も国際的に高水準であり上下水道も整備されていた文明国であった。

18世紀に来日した朝鮮通信使、金仁謙の著書『日東壮遊歌』では 日本の繁栄ぶりを皮肉ながらに述べている。「大阪は清国の北京よりも規模が大きく繁栄している~と」

過去の朝日新聞の記事に面白いものを見つけた。<以下、引用>


【歴史】「世界七帝国の一つ」欧米列強、徳川政権下の日本を認識

交易の窓口を長崎などに絞り、諸外国との交わりを極端に制限していた徳川政権下の日本。しかし当時の欧米列強の間では、ロシア、中国、トルコ、神聖ローマ帝国などと並ぶ「世界の七帝国」の一つとして認識されていたらしいことが、東北大の平川新教授(日本近世史)の研究で明らかになった。

「七帝国」に関する記述があるのは、蘭学者・桂川甫周が1794(寛政6)年に編集した『北槎聞略(ほくさぶんりゃく)』だ。10年のロシア生活の後、1792年に日本に送り返された漂流民・大黒屋光太夫への聞き取りなどを基にまとめられた本で、光太夫がペテルブルクで聞いた情報として、「帝号を称する国をイムペラトルスコイといい、王爵の国をコロレプスツウといふ。(中略)帝号を称する国僅(わずか)に七国にて、皇朝其一(そのひとつ)に居る」というくだりが出てくる。漂流民の歴史に詳しい平川教授が確認、先頃開かれた研究者向けのセミナーで発表した。

「帝号を称する国」とは帝国、「王爵の国」とは王国のこと。ここで「帝号を称する(略)僅に七国」と書かれた日本以外の国々は、ムガール帝国(インド)ロシアなどといった大国ぞろいである。では、「帝国」と「王国」はどう違うのか。蘭学者・山村才助『訂正増訳采覧異言』(1803年)で、「威徳隆盛にして諸邦を臣服する大国」のことを「帝国」と呼んでいる。つまり複数の王国を支配する国というわけだ。

2008年06月03日12時18分 朝日新聞

http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200806030124.html
18世紀にアムステルダムで発行された「日本図」。欄外に「EMPIRE」の文字が見える
http://www.asahi.com/culture/news_culture/images/TKY200806030120.jpg


平川教授によると、16世紀以降、来日した宣教師らによって、戦国大名が割拠し、 分国を支配する日本の姿はヨーロッパに逐一報告されていた。徳川幕府が成立すると、 それら「諸王」(大名)に君臨し、統括する幕府の将軍を「皇帝」とみなし、 皇帝が治める日本を「帝国」とする見方が強まる。1785年に太平洋を 探検したフランスのラペルーズの航海記にも日本が「帝国」と書かれている。

当時、列強の間では、「帝国」は「王国」より上の最上級の国家とみなされた。
大黒屋光太夫も、ロシアでの経験として、「王国の民だと言っても誰もとりあってくれないが、 私の国は帝国だというと皆、上座を譲ってくれた」と語ったとされる。

光太夫はロシア滞在中に、7回もエカテリーナ女帝に召し出されるなど、非常な厚遇を受けた。
「これまでその理由がよくわからなかったが、彼が帝国の臣民とみなされたから だと考えれば納得がいく」と平川教授は語る。

「日本が中国と並ぶ世界の帝国の一つという考え方は、ロシアから帰国した大黒屋光太夫や 石巻の若宮丸漂流民などによって伝えられ、19世紀には知識人の間にかなり広がっていた。
漂流民がもたらした異国情報が、当時の人々の日本という国に対する自己認識の形成に 大きな影響を与えた可能性もあるのでは」

菊池勇夫・宮城学院女子大教授(日本近世史)は「帝政ロシアが徳川日本を同等の帝国と 認識していたとの指摘は重要だ。これを機に、世界史の中での近世日本をめぐる 議論が活発になることを期待したい」と話している。(宮代栄一) (終)

※上記の記事は http://blog.livedoor.jp/navich/archives/224021.html より引用させていただきました。ありがとうございました。


朝鮮通信使、金仁謙の著書『日東壮遊歌』 ~18世紀に日本を訪れた外国人が述べる驚きの事実

http://blog.goo.ne.jp/think_pod/e/ee10cebd4441efe900f466b8f41044f8

明治維新までの国際情勢

http://www.geocities.jp/huckbeinboxer/kokubou001.html
[PR]
by ma-glon | 2011-08-02 22:42 | 世間話
<< GUCCIを荒木飛呂彦が描く!... ある街の盆踊り >>