excitemusic

ネット上の偶然の出会い。何かのご縁の方々と楽しく交流できればと思います。日常の様々な出来事や話題を書きます。どうかよろしくお願いします。
by ma-glon
ICELANDia
カテゴリ
全体
政治・経済
融資・補助金 等
メンタルヘルス・研修
サイエンス
音楽

花言葉
ファッション
お勧めの店
世間話
どうぶつ♡
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク集
その他ブログ
神奈川県議会議員 藤代優也活動日記
週間サトウ 佐藤光一blog!
さむらいコピーライティング道
人事労務屋のつぶやき
日々改善(山根税理士)
久野康成公認会計士事務所/株式会社東京コンサルティングファーム(TCF)の 【起業家応援ブログ】
奥見ひとみのSimpi Life~女王宣言~
Stray Sheep
六本木で働いていた元社長のアメブロ
Internet Zone::WordPressでBlog生活
社労士なぎさの、年金&社会保険ファイル
バヌアツに行った社労士フレンチフリゲートの奮闘
eラーニング会社、創業への道
Day-0
ぷらぷらしてみた
EMBAIXADA☆フリースタイルフットボール動画館☆
本心の想うままに - 松島直也
北陸初の学生のために生きる26歳社長のブログ
誰かが空から見ているよ
カワラナイキモチ
てふが舞う
不景気.com-不況を乗り切る不景気ニュースブログ!
ガチャピン日記
セレブはブログをするものだ~セレぶり3公式ブログ

篠田麻里子 Diary
鈴木美景 (すずきみひろ) 「Mihiro Story」


お気に入りHP集 

交流会
湘南士業の会

法務・経営・コンサルタント
大船法律事務所 公式HP
小川晶子 株式会社さむらいコピーライティング 南青山ブランディングサロン
税理士法人・泉が丘会計センター
(株)田代コンサルティング (社会保険労務士)
労務管理事務所 新労社
有限会社アイシス
日本NLP学院 
株式会社JMA・アソシエイツ
コーチングオフィス 幸せ経済研究所
現役人事が教える 【就活に勝つ200のコツ!
探偵社TSJ(Trouble Shooting Japan
畑彩土学びの地図
労働法とは?知って得する労働法
人事評価のQ&A
雇用関係各種助成金制度
(財)神奈川中小企業センター
(社)神奈川労務安全衛生協会
神奈川県中小企業団体中央会
神奈川県中小企業家同友会

お勧めの漫画 
バーテンダー
奇跡のヒト
インタビュー 三田紀房さん~エンゼルバンク、銀のアンカー、マネーの拳同時出版

自己啓発
ドラゴン桜の三田氏とライブドア堀江氏が語る「勉強とビジネスの秘訣」

絵画 
クニエ会HP

音楽
GYPSYVAGABONZ 公式HP
Original Love 公式HP
m-flo 公式HP
奥村愛子 公式HP

ファツション・ブランド
シャネルの歴史とシャネルというブランド

お勧めのお店
相模原:CAFE ROMA & PROMENADE
大和:La stanza
横浜:バー&レストラン・コンズコーナー
東京都:メビウス
東京都:沖縄料理と古酒 やんばる
東京都:女性バーテンダーのお店~Vermeille
ライフログ
最新のトラックバック
スカーレットヨハンソン 流失
from スカーレットヨハンソン 流失..
過去にあった武井咲のヤン..
from たけいえみ 武井咲 ヤンキー..
池袋ファンタジークラブ・..
from 池袋ボンバー
歌舞伎町ファンタジーパブ..
from ポイントエックス
9/27(月),28(火..
from 池袋ボンバー
FX口座開設比較
from FX口座開設比較
テレビ「エンジェルバンク」
from ザ日記
医療保険あれこれ
from 医療保険あれこれ
お年玉、指名料無料
from 歌舞伎町ポイントエックス
歌舞伎町ファンタジーパブ..
from 歌舞伎町ポイントエックス
西暦1637年 - チュ..
from ぱふぅ家のホームページ
日本式人事・労務管理の栄..
from ロドリゲスインテリーン
姿勢によって男の印象が変..
from The ポルタルサイト(ポー..
ガイアの夜明け「新型イン..
from ガイアの夜明け「新型インフル..
埼玉県の医療事務求人
from 転職求人
ボンバー感謝DAY、指名..
from 池袋ボンバー
就職サイト利用のメリット  
from 仕事就職研究室2
アルバイト探しの求人募集転職
from アルバイト探しの求人募集転職
就職試験の面接対策を練っ..
from 就職試験の面接対策を練ってみよう
パートタイマー求人募集転職
from パートタイマー求人募集転職
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


20代・30代の死亡原因、第1位は自殺

20代・30代の死亡原因、第1位は自殺

日本では毎年3万人以上もの人たちが自殺している。ただし、3万人と言われても、それがどれだけ多いのか、あまりピンと来ない人もいるかもしれない。例えば、比較的身近な「交通事故死の3倍」といえば、少しは実感できるのではないだろうか。
さらに、自殺の多さを物語る統計がある。厚生労働省が公表している『平成16年 人口動態統計月報年計(概数)ーー概況死因順位(1~5位)別死亡数・死亡率(人口10万対)、性・年齢(5歳階級)別』によると、20~39才で亡くなった人の死亡原因第1位は、なんと自殺なのである。不慮の事故や病気などではなく、自ら命を絶った人が一番多いというわけだ。ちなみに10代は不慮の事故が1位で、40代以上は悪性新生物(がん)が1位となっている。
また男性に限ってみてみると、事態はさらに深刻だ。20~24才で23.8%、25~29才で27.3%、30~34才で30.5%、35~39才で35.4%、40~44才に至っては、実に44.3%もの人が、自殺で亡くなっているのだ。およそ半数近くとは驚きである。
このような深刻な状況にも関わらず、自殺者を減らすための対策は、交通死亡事故などに比べて遅れている感が否めない。もちろんそういった対策もあるにはあるが、一般的に知られていないのが現状だ。
自殺に関するニュースを報道すれば、その影響を受けて自殺者が増える、いわゆる「寝た子を起こすな」という議論もあるだろう。あるいは、自殺問題は繊細なので、扱いにくいのかもしれない。あまりに発生する数が多いので、よほどセンセーショナルでなければ、取り上げられないという面もあるだろう。
しかし、いまこそ自殺問題をタブー視することなく、オープンに語っていくことが重要ではないだろうか。いつ私たちの身の回りで起こっても、なんら不思議ではない。事態はそこまで切迫しているのだから。(文/verb)

(ファンキー通信 )- 2005/9/16の記事より引用

縦並び社会・格差の現場から:やり直すために

記者(28)が待ち合わせをした男性(31)は、どこにでもいる同世代の若者に見えた。
「僕は社会の下側の人間ですから。早く消えてしまいたかった」。昨冬、インターネットで知り合った若い男女3人と関西のウィークリーマンションで集団自殺を図った。当時、無職。互いに偽名で呼び合った。睡眠薬を飲んで練炭に火をつけた後で1人が逃げ出し、未遂に終わる。
男性はなぜ死にたかったのか、繰り返し尋ねても理解しづらい。未遂後、工場でビデオやテレビの基盤を作るアルバイトを始めたという。「仕事が合っているとは思わないが、職場の居心地は悪くない」から、とりあえず続けてみるつもりだ。「もう少し生きてみようかな」。それでも時々、ネットの自殺サイトを見る。
厚生労働省は5歳ごとの年齢別の死因を毎年調査している。02年から3年連続して20~30代の1位は自殺だ。

(毎日新聞)- 2006/1/11の記事より引用

自殺率:日本が先進国でトップに WHO調査

【ジュネーブ大木俊治】日本の自殺者数が人口10万人あたりの 比率に換算すると世界第10位で、旧ソ連・東欧圏を除く主要先進国の中では最も多いことが8日、世界保健機関(WHO)の 調べでわかった。99年の前回調査では、日本は16.8人 (96年)で23位だったが、今回は特に45~64歳の 中高年男子の自殺者数が急増した。また、世界全体の自殺者数は、推計で年間約100万人に達し、「殺人や戦争の死者の総計を上回る」と指摘している。 調査は、データが入手可能な99カ国を対象に直近の数字を比較
した。日本は00年で、自殺者総数3万251人だった。
それによると、人口10万人あたりの「自殺率」が最も多いのは リトアニア(44.7人、02年)で第2位がロシア(38.7人 、02年)。日本は24.1人(男35.2人、女13.4人)で 10番目。主要先進国では米国10.4人(00年)、英国7.5 人(99年)、フランス17.5人(99年)、ドイツ13.5人 (01年)など。


<以下、私の論文です>
今回は自殺率の話題をあげてみました。読者の皆さんは、自殺と聞いて「暗い」だとか「怖い」と身をひいてしまうかもしれません。しかし近年の日本は20代~30代の若者の死亡原因の第1位は自殺という極めて深刻な事態であります。統計的にも日本は国際的に自殺率が高い。いや高くなってしまったと言える。
20世紀に世界で経済成長第一位の発展を遂げたのは日本であった(ちなみに19世紀の1位はイギリス)。20世紀最大の景気といわれたバブル景気を経験し、やがて終焉を迎えた。戦後の高度成長期の最大の功労者たる団塊の世代は定年を迎える。(2007年問題)中高年層の労働者も日本の発展に多大な貢献を成し遂げながらリストラ・倒産、今まで築き上げてきた家庭生活の危機の影を感じている。
最近は、景気回復基調、新卒の採用が大幅に回復してきた。しかし今だ若年齢層(35歳以下)を含む中途採用は厳しく狭き門のようである。かっての偏差値の高い大学を卒業して、知名度の高い大企業に入社すれば安泰という時代は終わった。<将来の為に勉強していれば良い>というのは過去の教育の代名詞になった。社会に入れば成果主義のもとプレッシャーの中で労働しなければならないのはざらである。正社員はごく一部の限られた者に与えられる職場の管理職と化し、多数の使われる側の非正社員が通例となっている。格差の拡大階級化社会の到来。非正社員は結婚・育児を考える場合、不利な立場をしいられる。
若者は学校で学ぶ目的意識を失いつつある。ニートフリータの増加。就職難。平日の昼間をふらつく学生・無職の若者たち。目的のない、いや目的を見つけられない迷える若者たちである。物は豊かになり、文明の発展によりライフスタイルは飛躍的向上をした。海外旅行、ブランド、携帯電話、パソコンの普及・IT社会の利便性。しかし希薄な人間関係の時代となったといえよう。


歴史的にも文明の転換期といえるこの時期、私たちは難しい時代を生きているといえよう。
若者は難しい時代に生まれてしまった。

私は何かをしたい。いや私たちは何かをしなければならないのかもしれない。


自殺率の国際比較

http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/2770.html

バブルと聞いて何を想う

http://shounan7.exblog.jp/d2005-12-03
[PR]
by ma-glon | 2006-05-14 16:54 | 政治・経済
<< 新卒採用の現状~あるベンチャー... 私の家族の一員の犬が・・・ >>