excitemusic

ネット上の偶然の出会い。何かのご縁の方々と楽しく交流できればと思います。日常の様々な出来事や話題を書きます。どうかよろしくお願いします。
by ma-glon
ICELANDia
カテゴリ
全体
政治・経済
融資・補助金 等
メンタルヘルス・研修
サイエンス
音楽

花言葉
ファッション
お勧めの店
世間話
どうぶつ♡
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク集
その他ブログ
神奈川県議会議員 藤代優也活動日記
週間サトウ 佐藤光一blog!
さむらいコピーライティング道
人事労務屋のつぶやき
日々改善(山根税理士)
久野康成公認会計士事務所/株式会社東京コンサルティングファーム(TCF)の 【起業家応援ブログ】
奥見ひとみのSimpi Life~女王宣言~
Stray Sheep
六本木で働いていた元社長のアメブロ
Internet Zone::WordPressでBlog生活
社労士なぎさの、年金&社会保険ファイル
バヌアツに行った社労士フレンチフリゲートの奮闘
eラーニング会社、創業への道
Day-0
ぷらぷらしてみた
EMBAIXADA☆フリースタイルフットボール動画館☆
本心の想うままに - 松島直也
北陸初の学生のために生きる26歳社長のブログ
誰かが空から見ているよ
カワラナイキモチ
てふが舞う
不景気.com-不況を乗り切る不景気ニュースブログ!
ガチャピン日記
セレブはブログをするものだ~セレぶり3公式ブログ

篠田麻里子 Diary
鈴木美景 (すずきみひろ) 「Mihiro Story」


お気に入りHP集 

交流会
湘南士業の会

法務・経営・コンサルタント
大船法律事務所 公式HP
小川晶子 株式会社さむらいコピーライティング 南青山ブランディングサロン
税理士法人・泉が丘会計センター
(株)田代コンサルティング (社会保険労務士)
労務管理事務所 新労社
有限会社アイシス
日本NLP学院 
株式会社JMA・アソシエイツ
コーチングオフィス 幸せ経済研究所
現役人事が教える 【就活に勝つ200のコツ!
探偵社TSJ(Trouble Shooting Japan
畑彩土学びの地図
労働法とは?知って得する労働法
人事評価のQ&A
雇用関係各種助成金制度
(財)神奈川中小企業センター
(社)神奈川労務安全衛生協会
神奈川県中小企業団体中央会
神奈川県中小企業家同友会

お勧めの漫画 
バーテンダー
奇跡のヒト
インタビュー 三田紀房さん~エンゼルバンク、銀のアンカー、マネーの拳同時出版

自己啓発
ドラゴン桜の三田氏とライブドア堀江氏が語る「勉強とビジネスの秘訣」

絵画 
クニエ会HP

音楽
GYPSYVAGABONZ 公式HP
Original Love 公式HP
m-flo 公式HP
奥村愛子 公式HP

ファツション・ブランド
シャネルの歴史とシャネルというブランド

お勧めのお店
相模原:CAFE ROMA & PROMENADE
大和:La stanza
横浜:バー&レストラン・コンズコーナー
東京都:メビウス
東京都:沖縄料理と古酒 やんばる
東京都:女性バーテンダーのお店~Vermeille
ライフログ
最新のトラックバック
スカーレットヨハンソン 流失
from スカーレットヨハンソン 流失..
過去にあった武井咲のヤン..
from たけいえみ 武井咲 ヤンキー..
池袋ファンタジークラブ・..
from 池袋ボンバー
歌舞伎町ファンタジーパブ..
from ポイントエックス
9/27(月),28(火..
from 池袋ボンバー
FX口座開設比較
from FX口座開設比較
テレビ「エンジェルバンク」
from ザ日記
医療保険あれこれ
from 医療保険あれこれ
お年玉、指名料無料
from 歌舞伎町ポイントエックス
歌舞伎町ファンタジーパブ..
from 歌舞伎町ポイントエックス
西暦1637年 - チュ..
from ぱふぅ家のホームページ
日本式人事・労務管理の栄..
from ロドリゲスインテリーン
姿勢によって男の印象が変..
from The ポルタルサイト(ポー..
ガイアの夜明け「新型イン..
from ガイアの夜明け「新型インフル..
埼玉県の医療事務求人
from 転職求人
ボンバー感謝DAY、指名..
from 池袋ボンバー
就職サイト利用のメリット  
from 仕事就職研究室2
アルバイト探しの求人募集転職
from アルバイト探しの求人募集転職
就職試験の面接対策を練っ..
from 就職試験の面接対策を練ってみよう
パートタイマー求人募集転職
from パートタイマー求人募集転職
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

林永流現証哲学とは?

易・四柱推命・相学・姓名学・蘭学・英学に通じ、それらを一定の統一された思想で、自由に操ることができる哲学を言う。

現実生活が、それによって、良くなるはずであり、良くならないのは、道を誤っているからである。

林永流現証哲学を学習する以上、貧しいものは、豊かにならなければ、学習したことにはならない。

<以上、引用文でした。更に詳しく知りたい方は下記のHPをご覧ください>


最近、林永流現証哲学という思想を知った。いわゆる占いであり哲学である。
これがなかなか面白い。

あなたは運命をどうとらえますか?

「運命学は、宿命論的にいわれることが多い。そういった、呪縛から、人間は解放されなくてはいけない。

運命からの開放が、 林永流現証哲学の目的である。」

~ということが述べられている。

林文嶺と永杜鷹一という2人は幕末・明治維新に活躍したそうです。
今の日本国も、幕末・明治維新、戦後に匹敵するようなバブル崩壊後の歴史的転換点なのかもしれません。
何かのヒントになればと思います。

■江戸~明治に活躍した林永流現証哲学(創始者 林文嶺・永杜鷹一)

http://www.fsoft.co.jp/school/rinneiryu.htm
[PR]
by ma-glon | 2007-01-28 14:57 | サイエンス

眼力(めぢから)

e0092795_10402173.jpg眼力(めぢから)にやられた。君が眼力で人生の迷い人だった僕を立ち止まらせたんだ。

あるペットショップのチワワちゃん♪
狂おしい程かわいいよ(*^-^)b

ぼくどうぶつだいすきです☆

眼力または目力ともいうらしい。


検索語句:犬、いぬ、ワンちゃん、わんちゃん、写真、撮影、可愛い、かわいい、ペット、動物、眼力・目力、めぢから、めちから。



眼力(めぢから)~(日々改善・山根税理士)

http://blog.goo.ne.jp/yamanezeirishi/e/437f432fb55fbcbc534ced1a3b30713a

「目の細い男性×瞳の大きな女性」

http://allabout.co.jp/relationship/affinity/closeup/CU20060209A/

観相Face Reding●顔占いラブラブ監修:池袋絵意知オフィシャルサイト

http://www.ikebukuroh.com/index.htm

SAYURI

http://www.movies.co.jp/sayuri/
[PR]
by ma-glon | 2007-01-27 10:40 | どうぶつ♡

水が消えゆ?

大航海時代(15~16世紀)多くの航海者が海を駆け巡った。マルコポーロの【東方見聞録】の影響が大きいといわれている。黄金の国ジパング。この由縁は奥州の平泉との説がある。
平泉は鎌倉幕府の都・鎌倉をしのぐ規模の街であった。中国大陸・朝鮮半島方面の交易が盛んで、数多くの異国人専用の宿が存在し繁栄していた。
遠き昔に、黄金の国ジパングの噂は遥か彼方の西洋に響き渡っていた。西洋の人々は未知の世界である東洋を目指した。黄金と成功と神秘を求めて。

当初、航海中の船員同士の食事は平等に分け与えられていたという。しかし航海技術が発達し航海が長期化するとこれは変わっていった。
次第に航海士や軍人などの制服組と一般の船員労働者のような作業服組に階級差別のようなものがでてきたらしい。

以前、(題名は忘れたが)あるマイナーな大航海時代の話の映画をテレビで観て、航海中の場面があった。長期航海の最中で炎天下。船内は水不足らしい。
船員たちは「水をくれ」と訴えるが士官や軍人は「駄目だ!水は節約する。我慢しろ!」~と言う。しかし士官や軍人たちに対する水の供給は比較的甘い。
そんな中、ある作業服姿の男が士官に恐る恐る「私は水を飲んでいいですか?」と尋ねた。
すると士官は「お前は遠慮するな。いつでも飲みたい時に飲め。お前は植木師(樹木医)だから許可する!」
(*大航海時代は海外の珍しい植物を本国に持ち帰るのは重要な使命であった)

他の作業服組の船員達は、水を飲んでいる植木師をうらやましそうに見ていた。


これは映画の一場面ですが、現実、大航海時代の中、このような船内の階級による食料差別はあったようです。
話は元に戻りますが、この大航海時代の水の話は、現在の社会にも当てはまりませんか?
人間は水を飲まないと死んでしまいます。

①士官である航海士や軍人などの制服組が上流階級。現在でいえば管理職、正規雇用で働いている存在。
②一般の船員労働者などの作業服組が下流階級。現在でいえば派遣社員、契約社員、アルバイト、パートのような非正規雇用で働いている存在。
③植木師(今でいう樹木医)のようなものです)。現在でいえば専門の技能、ライセンスを有する者・資格保持者。
④水は、雇用契約上の賃金にあたります。少なければ生きていけませんし、果ては死んでしまいます。

進行する階級化社会格差社会。今後、生き残るために、私たちのような一般庶民は自己啓発をしなければならないのかもしれない。
この大航海時代の植木師(樹木医)のようにスキルを身に着ける必要性を感じます。


大航海時代と香辛料

http://www.plvs-vltra.com/frame3_history_spice.html

船内の食事と船員の飲酒癖

http://www31.ocn.ne.jp/~ysino/hansen/page015.html

非情な「使命」の恐怖

http://www.cmn.hs.h.kyoto-u.ac.jp/CMN3/text2c.html


社員教育の環境(日々改善・山根税理士)

http://blog.goo.ne.jp/yamanezeirishi/e/7612c737a517815b55eaebe31c4cffae

ゆとり教育世代と雇用問題のひずみ 

http://shounan7.exblog.jp/d2006-11-12
[PR]
by ma-glon | 2007-01-20 17:12 | メンタルヘルス・研修

夜の待ち人

e0092795_1735491.jpg寒い夜、ひたすらあなたを待っているの。
ご主人様、まだかな?

またまたワンちゃんにあいました★
ぼくはうれしかった♪(*'-^)-☆
ぼくどうぶつだいすきです☆


検索語句:犬、いぬ、写真、撮影、可愛い、かわいい、ペット、動物。
[PR]
by ma-glon | 2007-01-13 17:35 | どうぶつ♡

多発する鉄道自殺。時代の闇

多発する鉄道自殺。そして時代の闇

事件や事故は世相を反映する。どれだけ人心が荒廃しているか、社会が病んでいるかを示す尺度にもなる◆例えば、JR東日本管内だけでも、ここ数年、年間200件以上の鉄道自殺が起きている。電車で通勤や通学をしている人の中には、何度も遭遇して、その多発ぶりを痛感している人も少なくないだろう◆命が失われることの痛ましさもさることながら、後続の電車が何本も遅れたりして、多数の利用者が迷惑を受ける事態にもなっている。電車の総遅延時間の約3割は自殺によるものだというデータもある。深刻な都市問題だ◆この季節、受験生には平常運転されているかどうか気が気でない。いかに早く運転を再開するか。JR東日本では警察や消防とも連携した取り組みを強化しているが、何よりも、自殺を減らすための社会を挙げての対策が欠かせない◆年明け早々、広島県では男性1人が焼死する連続放火事件があった。東京の歯科医宅では予備校生の兄が妹を殺害した事件も発覚した。外部から家庭の平穏が脅かされている。家族の絆(きずな)も失われてきた。そう思われるような事件も絶えない◆人々が肌で感じる「体感治安」が悪くなってきたと言われる。その時々の世相をどう感じるかも人々の体感による。この時代の空気と呼べるものを少しでも明るくしていきたい。

(読売新聞)- 2007/1/8・編集手帳の記事より引用

<以下・私の感想です>
せちがらい世の中になりました。尊い命が失われています。
「生きる」ということ。人を思うこと。目に見えない大切なもの。
共に考えなければならないかもしれない。


神戸新聞Web News 自殺という選択 豊かさ漂流

http://www.kobe-np.co.jp/rensai/sui_yutakasa/01.html

20代・30代の死亡原因、第1位は自殺

http://shounan7.exblog.jp/d2006-05-14

自殺率の国際比較

http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/2770.html

バブルと聞いて何を想う

http://shounan7.exblog.jp/d2005-12-03
[PR]
by ma-glon | 2007-01-08 16:49 | 世間話

ロストジェネレーション

ロストジェネレーション(ろすとじぇねれーしょん)とはバブル経済崩壊後の就職難の時期に就職活動を行った世代(概ね1972年~1981年生まれ)のこと。他に「氷河期世代」や「踏み台世代」という呼び方もある。

いわゆる「団塊ジュニア」と重なるこの世代は「失われた10年(就職氷河期)」の間に学業を終え労働市場に進出したため、正規雇用に就職するチャンスが前後の世代に較べて少なく、結果としてフリーターニートにならざるを得なかった者が多いとされている。

背景
2001年、当時の内閣総理大臣であった小泉純一郎は「骨太の方針」と題した政策の中で、懸案事項であった失業率の悪化に歯止めをかけるため「派遣社員や契約社員などの多様な就労形態を選べる制度が必要」とし、5年間で530万人の雇用を創出する目標を掲げ、2004年には労働者派遣法を改正、それまで禁止されていた製造業への人材派遣を合法とする規制緩和をした。また一般事務の派遣期間は1年から3年に延長され、契約社員についても同様の措置がとられた。その結果2006年には雇用者数が100万人に増加、非正規雇用も300万人増加し、1663万人(全労働者の3人に1人)となった。

経緯
景気回復により就職氷河期が終焉を迎えると、新卒者の求人数が急増し、既卒者などから「世代間による雇用機会の不均衡」を指摘する声が強まった。この問題は国会でも議論されるようになり、以後、主に就職等で優遇された、または優遇されるであろう世代と区別する言葉として定着しつつある。

特に団塊ジュニアと重なる、氷河期世代の前半(1972年~1976年生まれ)の世代は、就職状況が改善した時にはほぼ30歳に達しており、十分なスキルを蓄積できなかった者は再就職にも困難を抱える者が多い。

<フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用>

<以下、私の意見・日記です>
去年の秋、私は派遣社員を契約打ち切りとなり、失業してしまいました。元々は正社員として就職したいのですが、就職難や私の実力不足等で、なかなか就職のご縁に恵まれません。

2007年。新年を迎えたばかりですが、いろいろと再就職に向けての調べごと&勉強に追われています。
ここしばらくは、当ブログの活動が疎かになったり、良いネタ・記事を作成する余裕がありそうもありません。大変申し訳ございません。
他のブログの友人の方々へのコメント等の足跡を残せず申し訳ございません(*時々、拝読させていただいているのでご勘弁ください)
2007年、私は、「社会復帰」できるのだろうか?


広がる若者の『下流社会』とは 崩壊した『一億総中流』

http://www.ohmynews.co.jp/News.aspx?news_id=000000000534

数字で読み解く転職事情-2007年

http://career.mycom.co.jp/job/number/011.cfm

【就活戦線・関西発】中小企業は“採用難”

http://job.yomiuri.co.jp/news/special/ne_sp_06122801.cfm

2007年問題が引き起こした“超・売り手市場”SMBCコンサルルティング

http://www.smbc-consulting.co.jp/company/solution/special/special_03/tuge01.html

2007年問題 ~団塊世代の引退と高年齢者雇用安定法の改正~

http://www.mizuho-ir.co.jp/column/shakai041102.html
[PR]
by ma-glon | 2007-01-07 15:22 | 政治・経済

人間関係とネット関係?

人間関係、blogやmixiや掲示板等、ネット関係は難しい。

いろいろと感じます。しばし考えてみるかもしれません。


人間関係の秘訣  

http://homepage2.nifty.com/zunou/ninngenn3.html

精神的対処法//職場のモラル・ハラスメント対策室

http://www.morahara.com/text/coping.html

掲示板荒らし対策の部屋

http://park2.wakwak.com/~dalk/higai22.html

知らない間に心や体を侵す「ネット依存症」

http://www.nikkeibp.co.jp/archives/389/389237.html

パソコン/インターネット依存症の診察室

http://www.so-net.ne.jp/vivre/kokoro/comexm.html
[PR]
by ma-glon | 2007-01-05 12:37 | 世間話

謹賀新年 想うこと

謹賀新年

皆さま、明けましておめでとうございます。


去年の秋、私は派遣社員の仕事を契約打ち切りの為、失業してしまいました。
現在、わけありで就職の為に、ある専門学校でオフイスワーク関連の勉強をしています。
しかし去年の2006年あたりから顕著に、景気回復基調・景気拡大傾向という声が顕著に聞こえてきました。
少子化問題2007年問題による団塊世代の大量退職により深刻な企業の後継者不足も唱えられている。
しかし新卒の雇用が改善されたといえ、未だに中途採用は激戦の状況です。
激増するニートフリーター。平日の昼間を目的もなくふらつく若者たち。
正社員を希望しながら非正社員の仕事にしか就けず働けど貧しい生活をしている人々~ワーキングプアといわれる言葉がでてきました。
進行する格差社会階級化社会、社会のひずみを実感しています。
わが国は危急存亡の危機に瀕しているのではないか?ごく一部の階層が潤い、大衆が苦しんでいます。
私自身の為、そして世の中の為に 何かをしたい という 志を大切にしたい。
もし就職できたとしても、それは永遠の志であろう。

あらゆる意味で、今年は 「変化の年」 になるかもしれません。

今年の目標は 「攻め」 です。 


【就活戦線・関西発】中小企業は“採用難”

http://job.yomiuri.co.jp/news/special/ne_sp_06122801.cfm

企業が第二新卒を採用する理由-リクナビNEXT第二新卒-より引用

http://rikunabi-next.yahoo.co.jp/nisotsu/news_guide/kigyou/kigyou_01.html?vos=ny2syajc0102004

【正論】総合研究大学院大学教授・池内了 「賃金デフレ」の時代に思う

http://www.sankei.co.jp/ronsetsu/seiron/061229/srn061229000.htm

「奴隷ですから……」 (gooブログ版:渋谷から日本を変えた」渋谷区議平田喜章のblog)

http://blog.goo.ne.jp/shibuyakusei/d/20061226

年収150万円時代

http://shounan7.exblog.jp/d2006-09-09

イギリス式月収20万円の暮らし方

http://shounan7.exblog.jp/d2006-10-07

長州藩祖・毛利輝元― 耐え難きを耐えて ―

http://www13.ocn.ne.jp/~dawn/choreki4.htm
[PR]
by ma-glon | 2007-01-01 17:43 | 世間話