excitemusic

ネット上の偶然の出会い。何かのご縁の方々と楽しく交流できればと思います。日常の様々な出来事や話題を書きます。どうかよろしくお願いします。
by ma-glon
ICELANDia
カテゴリ
全体
政治・経済
融資・補助金 等
メンタルヘルス・研修
サイエンス
音楽

花言葉
ファッション
お勧めの店
世間話
どうぶつ♡
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク集
その他ブログ
神奈川県議会議員 藤代優也活動日記
週間サトウ 佐藤光一blog!
さむらいコピーライティング道
人事労務屋のつぶやき
日々改善(山根税理士)
久野康成公認会計士事務所/株式会社東京コンサルティングファーム(TCF)の 【起業家応援ブログ】
奥見ひとみのSimpi Life~女王宣言~
Stray Sheep
六本木で働いていた元社長のアメブロ
Internet Zone::WordPressでBlog生活
社労士なぎさの、年金&社会保険ファイル
バヌアツに行った社労士フレンチフリゲートの奮闘
eラーニング会社、創業への道
Day-0
ぷらぷらしてみた
EMBAIXADA☆フリースタイルフットボール動画館☆
本心の想うままに - 松島直也
北陸初の学生のために生きる26歳社長のブログ
誰かが空から見ているよ
カワラナイキモチ
てふが舞う
不景気.com-不況を乗り切る不景気ニュースブログ!
ガチャピン日記
セレブはブログをするものだ~セレぶり3公式ブログ

篠田麻里子 Diary
鈴木美景 (すずきみひろ) 「Mihiro Story」


お気に入りHP集 

交流会
湘南士業の会

法務・経営・コンサルタント
大船法律事務所 公式HP
小川晶子 株式会社さむらいコピーライティング 南青山ブランディングサロン
税理士法人・泉が丘会計センター
(株)田代コンサルティング (社会保険労務士)
労務管理事務所 新労社
有限会社アイシス
日本NLP学院 
株式会社JMA・アソシエイツ
コーチングオフィス 幸せ経済研究所
現役人事が教える 【就活に勝つ200のコツ!
探偵社TSJ(Trouble Shooting Japan
畑彩土学びの地図
労働法とは?知って得する労働法
人事評価のQ&A
雇用関係各種助成金制度
(財)神奈川中小企業センター
(社)神奈川労務安全衛生協会
神奈川県中小企業団体中央会
神奈川県中小企業家同友会

お勧めの漫画 
バーテンダー
奇跡のヒト
インタビュー 三田紀房さん~エンゼルバンク、銀のアンカー、マネーの拳同時出版

自己啓発
ドラゴン桜の三田氏とライブドア堀江氏が語る「勉強とビジネスの秘訣」

絵画 
クニエ会HP

音楽
GYPSYVAGABONZ 公式HP
Original Love 公式HP
m-flo 公式HP
奥村愛子 公式HP

ファツション・ブランド
シャネルの歴史とシャネルというブランド

お勧めのお店
相模原:CAFE ROMA & PROMENADE
大和:La stanza
横浜:バー&レストラン・コンズコーナー
東京都:メビウス
東京都:沖縄料理と古酒 やんばる
東京都:女性バーテンダーのお店~Vermeille
ライフログ
最新のトラックバック
スカーレットヨハンソン 流失
from スカーレットヨハンソン 流失..
過去にあった武井咲のヤン..
from たけいえみ 武井咲 ヤンキー..
池袋ファンタジークラブ・..
from 池袋ボンバー
歌舞伎町ファンタジーパブ..
from ポイントエックス
9/27(月),28(火..
from 池袋ボンバー
FX口座開設比較
from FX口座開設比較
テレビ「エンジェルバンク」
from ザ日記
医療保険あれこれ
from 医療保険あれこれ
お年玉、指名料無料
from 歌舞伎町ポイントエックス
歌舞伎町ファンタジーパブ..
from 歌舞伎町ポイントエックス
西暦1637年 - チュ..
from ぱふぅ家のホームページ
日本式人事・労務管理の栄..
from ロドリゲスインテリーン
姿勢によって男の印象が変..
from The ポルタルサイト(ポー..
ガイアの夜明け「新型イン..
from ガイアの夜明け「新型インフル..
埼玉県の医療事務求人
from 転職求人
ボンバー感謝DAY、指名..
from 池袋ボンバー
就職サイト利用のメリット  
from 仕事就職研究室2
アルバイト探しの求人募集転職
from アルバイト探しの求人募集転職
就職試験の面接対策を練っ..
from 就職試験の面接対策を練ってみよう
パートタイマー求人募集転職
from パートタイマー求人募集転職
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


謹賀新年

みなさま。あけましておめでとうございます

しばらくブログ更新途絶えてしまい申し訳ありません。

ここしばらく所用が立て込んでしまいまして・・・・・。

ぎりぎり1月に新年のあいさつの更新できました。

私や読者の皆様方にとっても良い年になりますように。
[PR]
# by ma-glon | 2011-01-30 18:34

盆踊り

e0092795_219068.jpg

e0092795_219040.jpg

神奈川県の某所の盆踊りでした。
夏休みのお祭り〜とはいいな〜。
独身で恋人もいなくて側に居てくれる人が居なくて淋しいけど・・・。

もういいんだ、所詮これが私の運命なのかもしれない。
たとえ一人でも、無事に夏を過ごせるだけでも、有り難いと思わないと。

今日、湘南某所でお祭りがありました。
全国の読者のみなさん、良い夏を!
[PR]
# by ma-glon | 2010-07-24 21:09

好きな女

毎晩、眠れない程、好きな人の写真を手に入れたことありませんか?見て欲しい・・・・。

・・・・・なんてね。AKB48篠田麻里子さまの写真集が発売された。実は俺も購入してしまった。だって彼女もいないし、寂しいんだもの(笑)

美しい・・・・。今、俺が日本で一番好きな女性だ。

当ブログにも篠田麻里子さまのブログのリンクを貼っておきます。麻里子さま最高だ!

a beautiful woman


篠田麻里子写真集「麻里子」

曽根 将樹 / 集英社


[PR]
# by ma-glon | 2010-07-22 10:08 | 世間話

少子高齢化問題とは?

少子高齢化を踏まえた成熟社会づくり

鬼頭上智大教授の日本人口学会での発表から


現在起きている日本の人口変動は、縄文時代後半、平安から鎌倉時代にかけて、江戸時代後半にも見られた。いずれも文明システムが完成の域に達し、新しい制度や技術発展が無い限り、生産や人口の飛躍的な量的発展が困難な時代に起きた。

現代社会の晩婚化、少子化、高齢化は社会病理や社会問題ではなく、工業化文明の成熟に伴う減少。

同じ傾向は先進諸国で見られるだけでなく、人口増加率が減少している発展途上国でも21世紀の課題。

少子高齢化をどのように防ぐかではなく、人口をどの程度の水準へ誘導し、どのような成熟社会を築くべきかが課題。

具体的な課題としては、
1.資源の浪費を避け、効率的な資源利用を目指す循環型社会の実現、
2.少子化の受け入れて、人口が増えも減りもしない「静止人口」の実現、が挙げられている。

今後は人口減少社会、超高齢化社会にマッチする社会システム、生活様式を確立すべき。

人口再配置や首都機能移転を図る。
労働力不足は女性、高齢者、障害者、外国人労働者の積極的活用で補う。
一律の定年制をやめ、個人の能力、体力、意欲に応じた雇用慣行を築き、長い老後の新しい生き方を追求すべき。
 21世紀は新しい時代に適合するシステムを模索する時期。あらゆる可能性を試し、たとえ失敗しても救済できるような措置を準備しなければならない。

--------------------------------------------------------------------------------------

子どもを生むかどうかは個人の判断の問題。行政としては、高齢化社会に対応、あるいは、より積極的この状況を活用する(例えば、一人ひとりの子供たちの教育により手間をかけれるようになる、あるいは、高齢者・女性等の雇用が促進されるなど)施策を考えていくことが有益だと思います。

※少子高齢化と交通 http://homepage2.nifty.com/rurubu/shiru/arekore/s_kourei.htm より引用


<以下、私の意見です>
ある人は言った。「今の日本は幕末・明治維新だ。そして過去に戦後の日本が安い人件費を売りにアメリカを主とした海外に対して行ってきたことを今の中国がやっている。」
中国の台頭はいつまで続くのか?中国のバブル?が弾けるときは来るのだろうか・・・・・。

日本の話題に戻ろう。長期的な観点から見た少子高齢化による労働力不足。いつかは高齢者・女性・外国人を労働力として活用してしていかねばならないだろう。
特に外国人労働者に対しては国内では反論が多い。また外国人観光客・移民を増やして外貨獲得、経済効果を計らねばならないだろうとも言われている。
いずれも少子高齢化が進行する日本にとっては避けられないのかもしれない~と私は思います。

いわば21世紀の日本にとっての 「開国」

かって明治維新の頃の日本は著しい階級化社会、格差社会の時代であった。 

そして今を生きる私たちの未来とはいかに?


高齢化社会の到来と労働力不足への対応

http://www1.doshisha.ac.jp/~westhill/takash4.html
[PR]
# by ma-glon | 2010-04-05 11:01 | 政治・経済

「第3の道」と積極的雇用政策

「第3の道」と積極的雇用政策 アンソニー・ギデンズ氏

日本では、長い間、いわゆる終身雇用が続いていましたが、90年代半ば以後、多くの若者が契約労働者になり、仕事を得ても社内で技能開発の機会がないために、将来のキャリアに不安を感じています。日本の政府、企業、個人がこの状況を改善するのに何が必要でしょうか?

そうした状況で最も重要な点は、欧州で呼んでいる「分断的労働市場」を避けることです。このような市場では、一部の労働者が安定した職を何年も確保し、不安定な職にある労働者と分断されています。不安定な労働者とは、通常25〜30歳以下です。欧州ではイタリアやギリシアなどの多くの諸国がこうした労働市場になっています。フランスでもある程度は同じで、若い世代と年配の世代が分裂しています。その理由は、年配の世代に職の安定がありすぎて、若い世代に職の安定がわずかしかないからです。可能な限り、この分裂を乗り越える努力をすることが重要です。政策で若者が別の職に就くことを可能にさせるとともに、日本の終身雇用という伝統を少し壊すことです。技能、イノベーション、能力の問題に戻りますが、人々が望んで転職ができる環境、会社を変えたり職を変えたりできる環境は、若い世代の可能性を援助することになります。仮に日本がフランスのような社会だったら、・・・・フランスでは30歳未満の45%近くが安定した職に就いていません・・・・それは重大な状況です。景気後退の時期に雇用が枯渇すれば、若者に悪影響を与えます。日本は終身雇用の伝統が一部の労働力を保護しているので、政策でこうした環境を整えることは容易ではないかもしれません。

NHKあすの日本 雇用再生インタビュー

http://www.nhk.or.jp/asupro/koyou/interview01_12.html より引用

<以下、私の感想です>
バブル崩壊後の1990年代の就職氷河期であった30代の年長フリーター、ニート。ネットカフェ難民、ホームレス。そして2009年の再就職氷河期を迎えるであろう現在の22歳くらいの若者・・・・。

どういうことですか?

何なんですかこの国は?

企業は人間を何だと思っているんですか?

これでは若者は非正規雇用、非婚・晩婚化で少子化が進行し、国家は弱体家していきますよ!

高齢者を支えるはずの若者、30代の中年を迎えるべき働き盛りの世代の人々に対してあまりにも酷い現状ではないですか!
彼らに自己責任を問うのはおかしい!

バブル崩壊前の40歳以上の世代が正社員で厚遇されているではないですか!世代間格差だ!

私も非正規雇用の仕事で、30代の年長フリーターのようなもの。

自分という個人の存在だけでなく日本国家全体の為にもこのままではいけないと思う。

しかも新入社員予備軍にあたる「ゆとり教育世代」の学力水準も最悪の状態である!

新入社員の社会常識やビジネスマナーの欠如が問題になっている。

日本再生計画だ!新しい国をつくらねえといけねえ!


書評:『若者は なぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来』 城繁幸 著/光文社新書(eラーニング会社、創業への道)

http://blog.goo.ne.jp/ct20/d/20070511

書評:『若者は なぜ3年で辞めるのか?』 その2(eラーニング会社、創業への道)

http://blog.goo.ne.jp/ct20/d/20070512

図録▽正社員並みの職務に従事する非正社員の割合

http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/3260.html

若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来 (光文社新書)

城 繁幸 / 光文社


[PR]
# by ma-glon | 2009-10-23 16:59 | 政治・経済

恋愛とは難しい

恋愛の秘訣とは何か?

私は男性ですが、今回は逆転の発想で女性の視点からに注目してみた。

私に対してに限らず、周囲の人々の行動や言動で 「そういえば心当たりあるな~」 と痛感しました。

男女共にあまのじゃくさんは多いですね(笑) 男女共に廊下等で好きな人とすれ違う時、視線や顔をそらす~というのはわかる気がします。
タイプな人なら大歓迎ですけど、そうでない人は困りますね・・・・。

そして 「不安は好意である」 これは自他共に言える。 

全然私はもてないし、現在、恋人も女友達もいませんが日々勉強です・・・・。

でも、やはり基本的に女性の方が男性より上手で怖い・・・と思います。

以下の他のサイトの引用文をご覧になってください。

--------------------------------------------------------------------------

男から好きになってもうまくいかない

最近、ちょっとした知り合いが出演しているから、
「あいのり」をよく観る。
昨日はかなり切ない告白の模様が放送された。

俺が思うのは、恋愛って、
男の方からアプローチしてもなかなか
うまくいかないものだってこと。

男が「好きだ」って頑張っても、
女は好きな男のことしか考えてくれない。
大抵は。

逆に、女の方からアプローチして頑張ると、
結構うまくいったりする。
男は単純。

実際、俺の友達なんかでも、他に好きな女がいても、
アプローチしてきた別の女と付き合っちゃうという
ケースをよく見かける。

がんがん押してから、ちょっと引いてみれば、
男のほうから告白させることも可能だろう。

でも、女友達からは、そんな話はあまり聞かない。
ほとんど自分から好きになった男としか付き合わない
感じだ。

雨のち晴れ ver.2:男から好きになってもうまくいかない

http://youthfuldays.blog.eonet.jp/amehare/2005/07/post-432a.html より引用


第一印象に対する男性心理

男性心理では、”見た目”に力が入っていない女性を見ると”努力を怠っている人”と見ます。男性は、努力しない人は嫌いです。結婚後のことを考えると”努力しない人は、家庭を守れない”と思うからです。

あなたなりでよいので、少しでも”見た目”が良くなるように努力し続けること、自分に磨きをかけることが大切です。

第一印象に対する男性心理:好きな人へアプローチしたわ

http://approachtechnic.com/entry53.html より引用

--------------------------------------------------------------------------

以上。以下は再度当ブログ管理人の私(マグロン)の感想です。

特に「好きな人へアプローチしたわ」(女性専用)のサイトに着目~女の人は怖い・・・・。サイト内の他の事例、参考になります。
[PR]
# by ma-glon | 2009-10-12 15:03 | 世間話

「就職したくても、面接に着ていくスーツがない」 就活支援、NPO法人がスーツの寄付を呼びかけ

「就職したくても、面接に着ていくスーツがない」。経済的に苦しく、スーツがないために就職活動がままならない若者を支援しようと、東京のNPO法人がスーツの寄付を呼びかけている。
男性用、女性用を合わせ、年内に1千着が目標。全国でスーツを必要としている、求職中の若者に貸し出す考えだ。

呼びかけているのは、若者の就労支援をするNPO「育て上げネット」(工藤啓理事長)。独自の支援事業のほか、厚生労働省の委託で東京都立川市などで「地域若者サポートステーション」も運営している。ステーションでの支援プログラムのひとつとして、4回コースの就職セミナーを昨年度から実施している。その中で、面接練習のためスーツ着用を求める4回目だけ、それまでの3回と比べて欠席者が多い傾向が続いた。理由を探ると、「スーツが買えないから」と答える若者が多かった。「これまで面接の際は、高校時代の制服のブレザーで代用していた」という女性もいたという。
ある紳士服大手によると、低価格のものでそろえても、リクルートスーツは男女共に2万円近く。男性は、ワイシャツ、ネクタイ、ベルト、靴、カバンでさらに約2万円、女性もブラウス、 カバン、パンプスで1万6千円ほどはかかるという。そこで、育て上げネットでは、スーツが買えないために就職やアルバイトができないという現状を改善しようと、家庭などで使われなくなったスーツを寄付してもらい、必要な若者に貸し出すことにした。集めているのは、10~30代の男女が採用面接で着るのにふさわしいスーツ、ネクタイ、ベルト、カバンで、極端に古い型や派手な柄などは除く。十分な数が集まれば、全国に92カ所あるサポートステーションで貸し出す。 工藤理事長は「採用面接にスーツを着ない若者が来たら『社会性がない』と見なされ、『買いたくても買えない若者』とは思われないだろう。不要になったスーツを、社会投資として若者に託してほしい」と訴えている。

スーツの送り先、問い合わせは、育て上げネット(住所・TELはソース参照)。 送料は寄付する人の負担となる。

http://www.asahi.com/national/update/0723/TKY200907230057.html
http://www.asahi.com/national/update/0723/TKY200907230057_01.html

仕事ニュース+「就職したくても、面接に着ていくスーツがない」 より引用


社会投資としてのスーツ寄付プロジェクト Recycled-Suits for Youth Project

http://project.charity-platform.com/recycled-suits/

増え続ける中高年フリーター

http://www.geocities.jp/yamamrhr/ProIKE0911-51.html

NHKスペシャル|"35歳"を救え あすの日本 未来からの提言

http://www.nhk.or.jp/special/onair/090506.html

NHK あすの日本:35歳1万人アンケートから見えてきた日本の未来(株式会社三菱総合研究所)

http://www.mri.co.jp/NEWS/column/thinking/2009/2008811_1801.html

「雇用格差 ~漂流する“就職氷河期世代”~」 (ガイアの夜明け」)

http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber/preview070403.html

就職するのはどちらが大変? 就職氷河期のころと今 2009年度(2009年4月~2010年3月) (再来・就職氷河期)

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0904/10/news010.html

図録▽非正規労働者比率(パート・アルバイト・派遣・契約等の比率)の推移(男女年齢別)

http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/3250.html
[PR]
# by ma-glon | 2009-09-19 14:38 | 政治・経済

年長フリーター、就職支援 35歳超…高齢化深刻

年長フリーター、就職支援 35歳超…高齢化深刻 派遣会社が「仕事学校」

バブル崩壊後の就職氷河期に正社員として就職できなかった「年長フリーター」の高齢化が社会問題化している。政府が10月末に発表した追加経済対策は、年長フリーターを正社員として雇用した企業への助成金支給を打ち出した。民間でも今月、丸3年を迎えたフリーターの就職を支援する「学校」が年長フリーターの支援に力を入れている。

人材派遣大手「パソナ」は平成17年11月、東京都内でフリーター向け教育・研修事業「仕事大学校」を開校した。研修生は2カ月の基礎研修後、同社が紹介する派遣先企業で原則1年の実務研修を受ける。実務研修中は給与が支給され、授業料9万4500円はその期間中に分割払いできる仕組みだ。

10月28日に11期生10人が入校した。24~32歳の男性8人、女性2人。うち8人が大卒だが、正社員の経験があるのは2人。残りはアルバイトなど非正規雇用で働いてきた。

30代は3人おり、埼玉県川越市の男性(31)は氷河期まっただ中の13年に都内の私大外国語学部を卒業した。コンビニエンスストアでアルバイトしながら公務員を目指したが、挫折。「最近、ワーキングプアとか言われて焦りというか、今の状況を変えたいと思った」。研修では「アルバイト生活では身につけられなかった礼儀などを基礎から学びたい」という。

3年間で約170人が受講。これまでに卒業した7期生までの約130人の進路をみると、3割が実務研修など同社から派遣された企業でそのまま雇用された。3割は自分で就職活動した企業で雇用され、2割は派遣社員、残り2割は求職中という。 

開校当初は20~29歳までのフリーターらが対象だったが、現在は「30代前半程度」に拡大した。パソナの山本絹子専務(53)は「フリーターは年々、高齢化している。就職氷河期世代が就職できず、基礎的な技能を積めなかったためで、特に35歳を過ぎた人が深刻だ」と話す。

MSN産経ニュース(2008.11.25 15:08) より引用

http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/081125/sty0811251509008-n1.htm


<以下、私の意見です>
私も就職氷河期世代の年長フリーターです。今は期間契約の仕事をしていますが、果たしていつまで働けるのでしょうか?
先日、地元の職業安定所に行ってきました。予約の番号札を取ると何と90人以上待ちで、受付に辿り着くのに3時間以上待ちだったと思います。更に雇用情勢は悪化していますね。
相変わらずコンビニにも20代~30代の若者のフリーターを見掛ける。ゆっくりとマイペースに仕事している人も多い感じがします。何しろ彼らも本当は正社員の仕事がしたいはずなんでしょうが、食いつなぎのバイトの仕事しかつけないのだろう。仕事の意欲がわかないと思う。スキルも経歴も身につかないですし。彼らの気持ちはよくわかる。

私もこのまま、非正規雇用で最後は路上で野垂れ死にかもしれない。

だって18歳や22歳の高卒や大卒の新卒の雇用情勢が最悪なのに、30代の就職氷河期世代の中高年なんて今更どこの会社も雇用しないだろう。たとえ今後景気が回復しょうとも。

安い賃金で働いて、生活費だけで精一杯で結婚も恋人もできずに、正社員の友人達から取り残されて、ただ同じ日々を繰り返すだけ。たまの休日や余暇も無駄遣いできない。

お金も無いし、スキルも身につけられずに、泥沼から抜け出せずに・・・・・・。


増え続ける中高年フリーター

http://www.geocities.jp/yamamrhr/ProIKE0911-51.html

NHKスペシャル|"35歳"を救え あすの日本 未来からの提言

http://www.nhk.or.jp/special/onair/090506.html

NHK あすの日本:35歳1万人アンケートから見えてきた日本の未来(株式会社三菱総合研究所)

http://www.mri.co.jp/NEWS/column/thinking/2009/2008811_1801.html

“35歳”を救え なぜ10年前の35歳より年収が200万円も低いのか

NHK「あすの日本」プロジェクト / 阪急コミュニケーションズ


[PR]
# by ma-glon | 2009-09-12 16:10 | 政治・経済

犬と猫

e0092795_11493266.jpg

                「何の夢を見てるの?」
e0092795_11493257.jpg

              「チラチラ見ないでください!」


最近は涼しくなりましたね。今まで人生うまくいかなくて、お金も無い。ペットショップや動物園などの動物たちに癒されます。

もう人生が嫌になってきてます。でも誰かに愛されたい。

過去に、ある人に「人は一人では生きていけない」と言われた意味が、最近よくわかった気がする。


「犬と私の10の約束」 (週間サトウ 佐藤光一blog!)

http://blog.sato501.com/?day=20090419


検索語句:犬、いぬ、ワンちゃん、写真、撮影、可愛い、かわいい、ペット、動物。
[PR]
# by ma-glon | 2009-09-04 11:49 | どうぶつ♡

7月完全失業率は5.7%で過去最悪=総務省

7月完全失業率は5.7%で過去最悪=総務省 (ロイター)

[東京 28日 ロイター] 総務省が28日発表した労働力調査によると、7月の完全失業率(季節調整値)は5.7%となった。前月比で0.3%ポイント上昇し、過去最悪記録を更新した。

これまでの過去最悪は2002年8月の5.5%だった。総務省は雇用情勢について「依然厳しい状況が続いている」とし、前月の判断を踏襲した。  

男女別では、男性が前月比0.4%ポイント悪化の6.1%と過去最悪を更新、女性は同0.1%ポイント悪化の5.1%だった。

完全失業率は、労働力人口(就業者と完全失業者の合計)に占める完全失業者の割合。ロイターが民間調査機関に行った事前調査では、予測中央値は5.5%となっていた。

就業者数は前年比136万人減の6270万人となり18カ月連続で減少。このうち、休業者は前年比15万人増、雇用者数は同80万人減となった。

一方、完全失業者数は前年比103万人増の359万人と、9カ月連続で増加した。増加幅は過去最大で、100万人を突破するのは初めて。

求職理由別では「勤め先の都合」が前年比65万人増の121万人となり、増加幅は過去最大。「自己都合」は前年比10万人増の110万人、「新たに収入が必要」が同5万人増の43万人となった。

(ロイター日本語ニュース 武田晃子記者)

Infoseek ニュ-ス [2009年8月28日10時23分 ]  より引用  


<以下、私の雑談です>
私も30歳過ぎの年長フリーターなんです。今まで期間雇用の仕事や派遣切りを何度も経験してきました。
直近の正社員登用制度有りの派遣社員の仕事の派遣切りは痛かったです。もう30過ぎたら中途で正社員なんてなれない。経歴もアルバイトや派遣社員の経験しか積めないまま歳をとっていくし。
結婚どころか恋人もできないし。

職場などの身辺の女性からは馬鹿にされて、低く見られ易い。

お金も無いし、食費等の生活費だけで消えていくし。職業安定所ことハロ-ワーク行っても混雑していて、予約の番号札50人以上待ちで、受付までたどり着くのに約2時間以上掛かります。求人広告も履歴書郵送で面接してくれないまま、返却されてきて終わり。
地元の大型ショッピングセンターには、昼に眠るために住んでいる若者のホームレスらしき人をみかけるようになった。夜に日雇い派遣の夜勤か、外を散歩をして歩き回って過ごしているらしい。ネットカフェ難民らしき人もいる。
将来、私も現在の期間契約の仕事を失い、ホームレスになってしまうのだろうかと不安になる。

正社員勤務で結婚や結婚予定などで人生が順調な友人・知人は、自分達が楽しいことの自慢話をしたくて無頓着に近寄ってくる。その他、「○○さん結婚するんだって知ってる?」 「○○さん今度、子供が産まれる!」 「海外旅行は楽しかった!」 「車購入の話」 「今年はボーナス低かった」(俺みたいな非正社員はボーナス無いんだよ!) 「正社員転職成功の自慢」など。


「非正社員の空気読めよ!」  「正社員同士仲良くやってろよ!」 「ガチャガチャうるせえ!」


人生やる気ないね。 
[PR]
# by ma-glon | 2009-08-29 14:43 | 政治・経済